前へ
次へ

患者さんに寄り添う歯医者

歯科医あるいは歯医者さんと呼ばれる先生方は、歯石の除去も行ってくれます。しかし、歯石取りをお願いしたところ、2回に分けて行う説明をされて腑に落ちない体験をしたことはないでしょうか。歯科あるある、そうしたネタも沢山あります。規則として、歯石取りは上あるいは下のみで、次回にまた、上あるいは下というメンテナンスを行うようになっています。一度で済ませたい、そうした意見も患者さんにはありますが、それならば、正しい歯磨き習慣を身につけておきましょう。虫歯0というのが現代っ子には意外に多いようで、逆に、ストレス社会にいる社会人の歯周病リスクは高い傾向です。親知らずが生えているのなら、定期的なメンテナンスの際に、歯科医師から抜歯をすすめられることもあるでしょう。通常ならば、永久歯は守らなければならず、80歳で20本は自分の歯というスローガンも掲げられています。なのに、抜歯しなければならないのは何故か、これも歯医者さんあるあるネタでしょう。親知らずは、本来ならば生えてこない歯になります。ですが、親知らずが生えてしまったことで、隣の歯に負担がかかり、その隣にも、数珠つなぎで負担がかかれば、噛み合わせに支障がでたり、変な方向に歯が生えて固定されてしまうなど、歯列矯正が必要になる場合もなきにしもあらず、だからこそ、早めに親知らずは抜いておきます。この場合には、歯科医師や歯医者、さらに麻酔薬が必要で、麻酔科医師も携わります。局部麻酔のみならず、親知らずに限っては「命取り」ともいわれるトラブルも懸念されるため、全身麻酔をかけるケースもあります。たかが歯、されど歯です。人体に関わる処置は、ときには命に危険が及ぶことだってあります。医療機関で活躍する外科医師などと同じく、責任が重い仕事をされています。それでも、マスクに隠れて見えない素顔は、笑顔が似合う医師ばかりだといいます。ですから、小児歯科では優しい口調、目と目を見てコミュニケーションを取ってくれる歯医者さんが多い話しです。実際に通い慣れた小児歯科では、同じように子供がいる、そうした家族持ちの歯医者さんで、子供のみならず、付き添う親の歯の悩み、ケアのやり方などにも関与してくれます。子供の見本、手本は歯科医師ではなく、親だからといった理由もあるようです。

荻窪にある松崎歯科医院
虫歯などの一般診療からインプラントまで幅広い歯の不調を治療できます。

インプラント治療|杉並区荻窪の松崎歯科医院

おいしく食べるをご提供する行徳の歯医者|さくら歯科口腔外科クリニック

神経に到達する前に東京の根管治療専門医へ
どうしようもなくなる前に治療しましょう

歯の寿命を考えた歯科治療
綾瀬の歯医者「新井歯科医院」がご提供いたします

Page Top